徹底した温度管理で食の安心・安全を守ります

お客様に安心・安全で美味しいお弁当をお召し上がりいただくために、一水庵では食品の温度管理に細心の注意を払っています。お弁当に使用するすべての食材を80度以上の温度で1分間以上加熱調理することで、食品内の菌を限りなくゼロに近づけるだけでなく、クックチル*という調理システムで急速冷却・再加熱することで、菌が繁殖しやすい危険な温度帯に食品をさらす時間を極限まで短くします。

また盛り付けは、室内温度を常に20度以下に保ったクリーンルームで行うことで、空気循環による菌の発生や埃の付着を防止します。完成したお弁当の配達も5~10度の冷蔵車両にて行い、お客様のもとに届くその時まで衛生管理を徹底しています。

*クックチルとは

加熱調理した食品を調理後すぐに冷却開始し、90分以内に芯温3度の状態になるよう急速冷却したのち、お弁当を盛り付ける調理方法。菌類が発生・増殖しやすい約30~50度という危険な温度帯を極力避けることで、限りなく菌が少ない状態を維持することができます。

スピーディな工程管理で食品事故を防ぎます

一水庵では、食材入荷から調理加工、盛り付け、保管、出荷、配送にいたるまでの各工程を可能な限り機械化しています。スピーディに調理を行うことで食材の安全性を確保し、事故を未然に防ぎます。

添加物を使用せず素材のおいしさを伝えます

手づくりの美味しさにこだわる一水庵では、すべての食品調理・味付けを自社工場で行っています。
老舗料亭の味を受け継ぐ調理人が、一品一品心を込めて味付けします。また食材の味に影響を及ぼす添加物を極力使用しないことで、お客様の身体にやさしく、美味しいお弁当づくりをお約束します。